美顔器を徹底解剖 TOP > エイジングケア > ほうれい線を消すためには?

ほうれい線を消す方法

ほうれい線とは、小鼻から口角に向かって入るシワのことです。

このほうれい線があるだけで、ググッと老け顔になるのを知っていますか?

もし、自分の顔が写っている写真を用意できるなら、そこにほうれい線を書いてみてください。

どうですか?
一気におばあちゃんの顔になっているはずです。

これが、あなたの数年後の顔なのです。
そう考えると、ゾッとしますね。

では、このほうれい線を作らないためにはどうすれば良いか?
また、どうすればほうれい線を薄くできるのか?

その問題を解決するためには、ほうれい線の原因である「たるみ」を解消する必要があります。

では、どうして肌はたるんでしまうのか?

その原因は大きく2つあります。

  • 頬の筋肉が垂れ下がる
  • 紫外線と乾燥

この2つの原因と対策について説明します。

頬の筋肉が垂れ下がるのを食い止めよう

まず、肌がたるむ一番の原因は「頬の筋肉が垂れ下がること」です。

若いときは、顔の筋肉がピシッと張っているため、重力に負けることなく、肌を高い位置でキープすることができます。シワができないのも、これが理由です。

しかし、年齢を重ねると、自然に表情筋や首の周りの筋肉は衰え、肌は重力に負けてしまいます。

その結果、ほうれい線ができてしまうのです。

この筋肉が垂れ下がるのを防ぐためにはどうすれば良いのか?

そのためには、とにかく顔の筋肉を動かすことが重要です。

例えば、笑うときに口角を意識して上げるなど毎日を表情豊かに過ごすことや、コツコツと顔のマッサージをすることで、 頬の筋肉が鍛えられ、たるみの解消に繋がるのです。

頬の筋肉が垂れ下がるのは生理現象のため、100%防ぐことはできません。

しかし、このようにほうれい線に意識をし、スキンケアを欠かさないことで、
同年代の方よりもはるかに若く見られることは可能です。

紫外線と乾燥

そして、もう1つの原因が「紫外線」と「乾燥」です。

これはシワができる原因と同じです。

紫外線を受けることで、皮膚をプルプルにしてくれるコラーゲンやエラスチンという成分は破壊されます。

若いときは、これらの成分が破壊されてもすぐに回復するため問題ありませんでしたが、
年を重ねるとダメージが蓄積されて、シワになるのです。

また、肌の表面は乾燥しやすく、乾燥してしまうと肌の弾力性が失われます。

弾力性が失われることで、シワができやすくなりやすくなり、
その結果として、ほうれい線になってしまうのです。

この紫外線と乾燥肌を解消するには、

  • 帽子や日傘を差す
  • UVカットの日焼け止めクリームを絶えず塗る
  • 肌の保湿力を高めるクリームを塗る

などの対策をする必要があります。

また、美顔器を利用するのであれば、イオン導入美顔器を利用してください。

イオン導入美顔器を使うことで、肌の奥(真皮層)までビタミンCを浸透させることができます。

ビタミンCを浸透させることで、肌の回復力や保湿力を高めることができるため、
一度に紫外線と乾燥対策をすることができるのです。

ほうれい線ができると、すぐに近所の人に「○○さん、かなり老けたな」と思われます。
それよりも「○○さんって、いつも美人だな」って思われたいですよね?

そのためにも日々のケアは怠らないでください。

エイジングケア

おすすめ美顔器

美顔器の種類

美顔器の購入前に

サイト運営